おぐしクリニック

西宮市 消化器内科 外科 肛門外科 在宅訪問診療

おぐしクリニック電話番号 0798/-57-5531
西宮市 消化器内科 おぐしクリニックTOP > 胃の検査

クリニック

胃の検査

このような症状ありませんか?

胃や食道の病気は、早期に発見と治療が必要です。

そのためには定期的な医療施設での受診がかかせません。

 

【症 状】

胃(上腹部)の痛み、胃の不快感、胸焼け、のどがつかえ感、胸のつかえ感、吐き気、嘔吐、空腹時に胃が痛い、食後に胃が痛い、全身の倦怠感、黒い便がでる、貧血、急な体重の減少

 

【症状から考えられる主な病気】

食道疾患 ・・・食道炎、食道潰瘍、食道がん、食道静脈瘤
胃疾患 ・・・急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍、胃がん、胃粘膜下腫瘍、胃ポリープ
十二指腸疾患 ・・・十二指腸潰瘍
胃の検査

胃カメラ(胃内視鏡)検査

胃内視鏡検査は、胃X線検査(バリウムを飲む検査)で発見が難しい小さな病変や平坦な病変を「直接胃の粘膜を見る」方法で微細な病変を発見する検査です。 また、同時に組織採取も出来るため、確実な診断が可能になります。

鼻からの内視鏡検査(経鼻内視鏡検査)

点線

当院ではフジノン社製の直径5.6mmの細径ファイバーを用いた鼻からの内視鏡検査を行っています。

鼻から入れる胃の内視鏡検査は「苦しくない」と多くの方々から喜ばれており、胃カメラが苦手な方に大変おすすめです。

 

検査中も口は自由に動かすことができますので、その場で質問などができ、安心して検査を受ける事が出来ます。

口からの内視鏡検査

点線

鼻からの検査に抵抗がある方には口からの胃カメラ検査をを行っております。

ご希望の方には鎮静剤を用いた胃カメラ検査も行っております。

胃の検査

苦痛の少ない鼻からの内視鏡検査(経鼻内視鏡検査)

特徴1

「オエッ」となる嘔吐反射が少ないので苦痛が軽減され、吐き気ももよおすことなく検査を受けることができます。

鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査を受けることができます。

そのため多くの方が検査時間を短く感じられるようです。

特徴2

経鼻内視鏡検査検査中でも医師と会話ができ、安心して検査を受けられます。

鼻から入れる場合は口を自由に動かせますので、検査をしている医師と会話ができます。

気になったことをその場で確認・質問ができるので、安心して検査を受けられます。

特徴3

内視鏡検査体への負担が少ない

鼻からの内視鏡は鼻腔に血管収縮剤を入れて出血を予防し、ゼリー状の液体を流し込んで局部麻酔を行いますが、鼻の中に注射するようなことはありません。

麻酔に用いる薬が少量であるため、体への負担も少なく、検査終了後30~60分で水を飲んだり食事をしたり、車を運転することもできます。

クリニックからのお知らせ

10月16日(月)よりインフルエンザ予防接種を開始いたします。

インフルエンザ問診票ダウンロードはこちらから

初めて来院の方へ問診票をご用意いたしました。
問診票ダウンロード
診療時間
 
午前診
9:00~12:00
午後診
4:30~ 7:30

★土曜日の午後診療は、1:00~4:00

おぐしクリニックTOPへ